Top


スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

自動車ローンを検討する時に大切な事とは?

自動車ローンについて調べてみました。

自動車を購入する時は、殆どの方は一括ではなくローンでご契約されるでしょう。そこで自動車ローンを検討する時に大切な事やポイントは何だろう?と思って、調べてみる事にしました。

それでは早速、自動車ローンを検討するときのポイントをご紹介しますね。

自動車ローンの検討時のポイントは幾つかありました。
自動車ローン以外もそうですが、金利もその大切な選定要素の1つです。

確かに、自動車ローンを組むという事は手数料が加わるという事なので金利が安い所が良いに決まっていますね。

自動車ローンは使途が自動車購入に制限されていることもあり、フリーローンなどに比べ金利は低めです。

これは助かります。私は、まだ自動車購入は一台目なので金利についてはあまり知りませんでしたが、1つこれで勉強になりました。

でも、それで安心しない。自動車ローンの場合、金利が低けりゃ良いってものではないのです。低いに越したことはありませんが、「総支払額」で考えなければ片手落ちです。低金利であることだけに飛びつく人もいますが、結局、損するかもしれないのです。

総合的に考えないといけないんですね。金利にだけ目がいっては駄目だと言うことです。

次は、ディーラー系ローンvs金融機関の自動車ローンについてです。

例えば、ディーラー系ローン。多少金利は高くとも、車両本体の大きな値引きやオプションサービスがあるかもしれませんよね。アフターサポートなどにも、違いがありそうです。損保(自動車保険)も安くなる場合だってあります。

車のローンも1つではないのですね。オプションサービスや値引きは魅力的です。購入後のサポートは特に女性にとっては心強いです。

一方、銀行や信金などの金融機関が扱う自動車ローンの強みは、まさに金利。3〜7%前後の低金利帯が多いわけです。さらに公共料金の引き落としや給与振込などの取引内容に応じて、金利が優遇されるケースもあります。期間限定キャンペーンをやっていることもあります。しかし、手続きが多少面倒であったり、別途保証料が掛かることも。

総合的に考えて金利が安いのも魅力ですよね。ディーラー系も金融機関の自動車ローンもどちらも魅力があります。車の場合、すぐに買い替えという事はないので私だったら、ディーラー系ローンでしょうか。
やっぱりアフターサービスが大きいです。

自動車ローンを選ぶ時のポイントです。
低金利だけを見るのではなく総合金額で見る、ディーラー系と金融機関の自動車ローンを比べてみる・・・です。

参考文献:AllAbout「自動車ローンは金利だけ気にすればいい!?」
http://allabout.co.jp/finance/loan/closeup/CU20061129A/index.htm
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。